text.skipToContent text.skipToNavigation

使用可能なソフトウェアバンドル

コネクテッドエンタープライズ™®

FactoryTalk Analyticsプラットフォームは、FactoryTalk Analytics DataView、FactoryTalk Analytics DataFlowML、FactoryTalk Analytics Edgeで構成されたバンドル製品です。


FactoryTalk Analyticsは、EdgeからEnterpriseにいたるまで、バリューチェーン全体で拡張性の高い分析を可能にするRockwell Automationのソリューションです。さまざまなデータタイプのデータ取り込みを構成するツールを提供し、協調的なデータ分析のために、セルフサービスのユーザエクスペリエンスでの機械学習やデータマッシュアップなどの高度な分析機能を可能にします。

さらに表示

スタンドアロンマシン(各種業界)の開発は、Connected Components Workbench™ソフトウェアを使用すれば簡略化されます。Connected Components WorkbenchソフトウェアとはIntegrated Architecture® (統合アーキテクチャ)システムに付属するもので、これを使用すればデバイスの構成やコントローラのプログラミング、ヒューマン・マシン・インターフェイス(HMI)エディタとの統合が可能となります。このソフトウェアは機械の初期開発にかかる時間とコストの削減に貢献します。

Connected Components Workbench™ Standard Editionソフトウェアは、Rockwell Automation®マイクロ制御システム向けの一般的で使いやすい構成・プログラミングツールです。Micro800™シミュレータのデモ版が含まれ、アクティベーションは不要です。標準の技術サポートが含まれています。無料のStandard Editionをダウンロード

Connected Components Workbench™ Developer Editionソフトウェアは、標準機能に加え、Micro800™シミュレータの完全バージョン、アーカイブマネージャのほか、Micro800™コントローラの広範なプログラミング機能が搭載されており、優れたユーザエクスペリエンスを実現します。アクティベーションが必要です。標準の技術サポートが含まれ、オプションで24時間年中無休のサポートを追加できます。

さらに表示

デバイスのための FactoryTalk 分析、検索と運用を減らすと保守の問題にすべての 1 つアプローチです。簡単なセットアップとモダンで自然なインターフェイスは、ユーザーがそのオートメーション ネットワークにアプライアンスを接続する約 5 分以内の問題の特定を開始することができます。新規および強化された分析は、産業環境で起きている上に滞在する簡単にシームレスな同期のアプローチを介して定期的に配信されます。

デバイスのための FactoryTalk 分析が自動的に発見し、操作の一部であるデバイスの問題を分析するオートメーション ネットワーク内に展開することができます情報家電。すべての必要な電源、イーサネット、それ上の 1 つまたは複数のイーサネット/IP デバイスです。 埋め込まれた解析技術によって供給され、シェルビーに強化された、フレンドリーなチャット ボット、対話型のアクション カードと FactoryTalk バンテージ、歴史家 FactoryTalk、または FactoryTalk クラウド、デバイスのための FactoryTalk 分析に将来接続は、開始点、および産業物事のインターネットのためのプラットフォーム。

さらに表示

FactoryTalk Application Infrastructure Monitoring

FactoryTalk Application Infrastructure Monitoring provides continuous monitoring and notifications of your MES and MOM infrastructure: increasing uptime of production critical systems. Analytics are delivered through FTDataView pre-configured storyboards.

さらに表示

FactoryTalk AssetCentre では、お客様のセキュリティで保護されたバージョン管理とそのオートメーション資産およびドキュメントのアーカイブを提供しています。 統合監査ログおよびイベント ログは、オートメーション システム内の変更に細かい内容を提供します。 FactoryTalk AssetCentre は、ロックウェル ・ オートメーションと第 3 党資産のサポートにより、FactoryTalk AssetCentre 集中管理ソリューションを提供します。 さらに、FactoryTalk AssetCentre は、ネットワークから資産リストを収集し、それら発見したロックウェル ・ オートメーション資産統合のライフ サイクル管理を提供します。 プロセス装置とお客様は、FactoryTalk AssetCentre デバイス構成・校正管理ができます。

さらに表示

FactoryTalk Batchを使用すると、1つの制御および情報システムをプロセス全体に適用できるため、生産能力と製品の品質が向上し、エネルギーおよび原材料の節約を実現できるだけでなく、プロセスのばらつきと人による介入を低減できます。製品とプロセスの開発を促進する一方で、柔軟な生産能力と正規化された会社手順に対応し、最新のバッチ制御戦略を開発できます。

これにより、機器の利用効率が改善し、製品の品質が向上するだけでなく、実用的なデータへの可視性とアクセスのニーズが満たされ、コスト削減が実現できます。

FactoryTalk Batch Serverは、システムの情報、フェーズ、レシピを制御・調整するFactoryTalk Batchコンポーネントです。FactoryTalk Batch Serverを使用すると、プロセスで接続された機器やサードパーティ製ソフトウェアパッケージとの統合が可能になります。

FactoryTalk Batch Viewは、効果的な運用の包括的なバッチソリューションに最新で直感的なポータルを提供します。FactoryTalk Batch Viewは、HTML5テクノロジを使用する独自のWebサーバを活用して、標準的なWebブラウザ技術でのFactoryTalk Batchへのネイティブ接続を提供します。

さらに表示

FactoryTalk 醸造 - クラフト システムは、クラフト ビールの完全な自動化システムを提供します。

FactoryTalk クラフト Brew ソリューションは、クラフト ビール醸造者のニーズを満たすために設計されています。 簡単に構成可能な醸造オートメーション システムでは、フライス加工、マッシュ、Lauter、やかん、酒システム、濾過、成熟/エアコン、ストレージ、発酵、CIP を含まれています。 任意の場所から情報を処理する重要な醸造と生産要件の変更に対応することができますアクセスできます。

さらに表示

FactoryTalk Edge Gateway hosts intelligent connectivity of OT data with IT systems. The information modeling capabilities provide a new way to efficiently contextualize and synchronize collection of disparate data sources.

Integration of information models empowers IT professionals with high speed data resolution and the automated tag mapping reduces design and life cycle costs associated with digital transformation.

さらに表示

FactoryTalk Historian Site Edition (SE) provides the data infrastructure for capturing the information you need to improve production operations. This is a scalable suite of software designed to meet your needs from a single machine to a plant wide data infrastructure.The FactoryTalk Historian SE solution provides you with a complete system to collect and archive time series data, track event-based data, and apply analytical calculations to improve your decision-making ability. Use Historian SE as the foundation for providing real-time Production & Performance Monitoring, or as an integral part of an Enterprise wide Data Visibility & Plant Benchmarking initiative.


The FactoryTalk Historian SE solution provides you with a complete system to collect and archive time series data, track event-based data, and apply analytical calculations to improve your decision-making ability. Use Historian SE as the foundation for providing real-time Production & Performance Monitoring, or as an integral part of an Enterprise wide Data Visibility & Plant Benchmarking initiative.

さらに表示

The FactoryTalk Linx Gateway adds a Classic OPC DA and OPC UA server interface to deliver information collected by FactoryTalk Linx from Logix5000™ and other Allen-Bradley® controllers to external OPC clients, permitting third-party software to coexist with FactoryTalk® software
FactoryTalk Linx Gateway is an OPC UA / DA Server interface for FactoryTalk Linx. Scalable for both tag capacity and server architecture. FactoryTalk Linx Gateway enables 3rd party software to share data with FactoryTalk software.

さらに表示

FactoryTalk Metrics provides you the data that can reveal new ways to increase production, reduce costs, and improve quality. The product goes beyond the traditional Overall Equipment Effectiveness (OEE) methodolgy to answer the ""why"" questions, uncovering the root-causes of downtime and losses to help you make real improvements to manufacturing asset effectiveness. Flexible configuration of data collection from your existing control systems and HMIs ensures accurate data and a short time to value.

さらに表示

FactoryTalk ネットワーク マネージャーは、非 IT の専門家用に設計された使いやすい直感的なツールです。 オートメーション資産のコンテキストでネットワークの可視性を高めます。 トラブルシューティングのプロセスを簡素化、ネットワークの根本原因を特定する quicky 支援します。多くの esaily は、委員会を展開し、維持管理ネットワーク スイッチ。

SNMP、CIP、PROFINET のプロトコルを介してネットワーク トポロジ全体を提供する工場の床の資産 (在庫) の発見。 振るまうスイッチ アラームおよびイベントのリアルタイム キャプチャ解析履歴の維持。 作成し、テンプレートを使用して構成を展開する管理対象スイッチを備えたと能力のプラグ アンド プレイ。

さらに表示

プラント現場情報とコンテキストでチームの共同作業のためのアプリ。

FactoryTalk TeamONE は、すべての産業の労働者の摩擦のない生産性を実現するアプリケーション プラットフォームです。IOS と Android アプリはプラットフォームとアプリ自体で、文字通りゼロ値に、摩擦を軽減するプラットフォームを開発しました。FactoryTalk TeamONE することができますダウンロード、インストールされており会社で誰でもすぐに使用、または個人的に所有するデバイス。クラウド/WiFi インフラストラクチャは当初、産業を提供または FactoryTalk TeamONE オートメーション デバイス データとコンテキストで共同作業するチームの能力を提供し、すべてのサーバーを必要としない方法で産業の環境に合わせた、モジュールと呼ばれる特定の機能は、接続のさまざまなレベルを調整し、日和見的拡大値あなたの会社は彼らの企業を接続を選択したとき。FactoryTalk TeamONE は、アップルや Google のアプリケーション ストアの両方から無料でダウンロードできます。FactoryTalk TeamOne Standard Edition は、ユーザー メールごとサブスクリプションにより、追加のモジュールと機能。現在 FactoryTalk TeamOne 標準は、すべてのこと無料版に加えてアラーム モジュールです。

さらに表示

FactoryTalk- Transaction Manager provides a platform to link day to day transactions from a control system with enterprise systems. FactoryTalk Transaction Manager supports simple one-way logging of data directly from the control system as well as a bi-directional system in which the plant floor is controlled by the rules, schedules, and/or the data in enterprise databases.


FactoryTalk Transaction Manager Standard must have all services on the same computer, but it can connect to remote databases and/or OPC servers (if that option is supported by the OPC vendor.) No database is included.

さらに表示

FactoryTalk VantagePoint EMI organizes, correlates, and normalizes disparate data from your manufacturing and production processes and business systems in a Unified Production Model (UPM). It then enables you to organize and present information in everyday language — tailored to users’ needs on mobile devices or desktops.

Connect to any common plant floor device or system. Premier connectivity to real-time data via FactoryTalk Live Data (Logix, PLC/SLC™, FactoryTalk View, 3rd-party controllers, etc.) and historical data via actoryTalk Historian PLUS connectivity to FactoryTalk Metrics, FactoryTalk ProductionCentre, FactoryTalk EnergyMetrix and other real-time and historical data sources. Create and publish a wide range of role based enterprise reports with our Advanced Reporting options using well known platforms like Microsoft Excel and SQL Server Reporting.

さらに表示

FactoryTalk View Site Edition (SE) is supervisory-level HMI software for monitoring and controlling distributed-server, multiple user applications.


FactoryTalk View SE premier integration with Logix controllers, reusable graphics, system-wide alarm configuration and management, and mobility provide the tools to quickly develop applications, scale architectures and easily maintain systems. With FactoryTalk View SE, HMI challenges in process, batch, and discrete applications are managed in a single software solution that enables critical visibility in real-time, when and where you need it.

さらに表示

FactoryTalk View Site Edition (SE) Station and FactoryTalk View Machine Edition (ME) Station are used to build machine level HMI software applications for single computer, single user monitoring and control.


Premier integration with Logix controllers, reusable graphics, system-wide alarm configuration and management, and mobility are tools provided by FactoryTalk View SE and ME to quickly develop applications and easily maintain systems.

さらに表示

FactoryTalk Analytics LogixAI embeds analysis and machine learning technology into the Logix control environment. Our patented modeling algorithm advances automation systems to the next level. The predictive analytics work toward toward minimized scrap losses, tighter quality control, and minimized unplanned downtime.


Configure FactoryTalk Analytics LogixAI models through an intuitive PredictionBuilder setup that leverages existing knowledge of automation to integrate machine learning capabilities and predictive analytics. After defining where predictive insights are needed, train the LogixAI model to learn normal operation behavior, and then set the LogixAI model to monitor the actual operation. While monitoring, the model calculates predictive insights to help circumvent anomalous operational behaviors. The LogixAI model can also function as a soft sensor to help achieve tighter control in operations that are harder to instrument.

さらに表示

PlantPAx is Rockwell Automations DCS (Distributed Control System). The PlantPAx system uses a common automation platform for seamless integration between critical areas of your plant. This modern DCS connects process, discrete, power, information, and saftey control into one plant-wide infrastructure. Benefits
Benefits:
Common platforms
Seamless information flow
Easier to manage
Lower total cost of ownership
This software bundle provides the core software for PlantPAx DCS systems. These bundles are designed to simplify the management of the various software activations that make up the PlantPAx System. The PlantPAx System ID is tied to this bundle.

さらに表示

RASWin リスク評価ソフトウェアのサブスクリプションを助ける安全ライフ サイクルの進行を管理します。これは、標準化された安全戦略を実装し、プロセスを正式に文書化する機能を提供します。

最終的な機械の検証を通じてリスク評価からプロセスの各ステップからの情報を整理する機能安全のライフ サイクルを通じて RASWin リスク評価ソフトウェア サブスクリプションの進行状況。

さらに表示

Rockwell Automation e-learning - Self-paced, self-directed digital training courses when and where you need it. Learn about a variety of fundamental industrial automation and product specific topics. Each learning course contains activities, software simulations, and demonstration videos to help reinforce learning concepts.

さらに表示

アプリケーション コード マネージャーは、高度に再利用可能なライブラリを活用することでより効率的なプロジェクトの開発を可能にするエンジニア リング ツールです。ライブラリのデザイナーを使用して、独自のライブラリを作成できますか、提供されているものを使用します。 アプリケーション コード マネージャー作成 Logix だけでなく、関連付けられている FactoryTalk の ViewSE/FactoryTalk 歴史家タグと FactoryTalk アラームとイベント (FTAE) のコンテンツ、私が表示されます。

さらに表示

The Studio 5000® 環境エンジニア リングを組み合わせた、デザイン要素を可能にする 1 つの標準的なフレームワークに生産性を最適化および試運転時間を短縮します。スタジオ 5000 環境と所有権の総コストを削減、保守を含む、トレーニングしながら市場とビジネス ニーズの変化にすばやく応答できます。

さらに表示

スタジオ 5000 ライセンス ポータルは、コンテンツ保護のライセンスを管理するために設計された安全な使いやすい web ポータルです。それは使用される Studio 5000 デザイン環境内でソースと実行の両方の保護を構成するために使用します。 スタジオ 5000 ライセンス ポータルを使用して、ライセンス、アクセス許可を割り当てるし、便利なレポート サービスを提供することができます。

さらに表示

ThinManager is a centralized device management and content delivery platform. With ThinManager, you can centrally manage devices like thin clients, mobile devices and PCs for the modern factory and office as well as define and deliver a number of flexible content sources to those managed devices.


ThinManager allows unprecedented control and security in a sustainable and scalable platform regardless of the size of your industrial environment or number of facilities. ThinManager's thin client architecture allows for deployment of less expensive hardware while giving users the applications and tools familiar to them in a format that reduces management and hardware costs while increasing security.

さらに表示

ThinManager is a centralized device management and content delivery platform. With ThinManager, you can centrally manage devices like thin clients, mobile devices and PCs for the modern factory and office as well as define and deliver a number of flexible content sources to those managed devices.


ThinManager allows unprecedented control and security in a sustainable and scalable platform regardless of the size of your industrial environment or number of facilities. ThinManager's thin client architecture allows for deployment of less expensive hardware while giving users the applications and tools familiar to them in a format that reduces management and hardware costs while increasing security.

さらに表示